忍者ブログ
  • 2017.02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.04
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/03/29 08:22 】 |
ご家族が増えたら考える二つの資金準備。教育費と生活費への資金準備
ご家族が増えたら考えるべき二つの資金準備があります。
それは、教育費と生活費への資金準備です。

お子さんが一人増えるということは、教育費が増えると言う事を意味します。
お子さんが一人増えれば確実に教育は増えます。
もうひとつが、生活費です。
この生活費もお子さんが一人増えるたびに増えて行きます。

現時点で稼ぎ頭のご主人が健康なので生活費や教育費の心配はしてないという家庭は非常に多いです。
しかし、万が一の事というのは起こり得る事です。
健康なご主人が事故で高度障害に陥り、以後仕事が出来なくなるリスクも、死亡するリスクも実際にあるわけです。
実際にその万が一の事が起こった場合の経済準備は貴方は出来ていますでしょうか?

もし出来ていないようであれば、ご主人の死後または高度障害後の家族の生活費を保障する保険に入っておいた方が良いと言えるでしょう。
理想はご主人に万が一の事があった場合でも、現在ご主人が受け取っている給料と同等の金額が毎月毎月、末のお子さんが大学を卒業し独り立ちするまで、固定で給料のように受け取れる保険に入っておくと良いです。
そういった都合の良い保険は高いそうなイメージあるでしょうが、ビックリするくらい安いです。
ただし、掛け捨てなので、途中でやめてもお金は戻ってきません。
保障の性質上、途中でやめるという選択肢はあり得ませんので、家族の生活を保障する保険に関しては掛け捨てを選ぶべきです。

もうひとつの経済準備は教育費です。
質問を一つ致します。
「ご主人に万が一の事があった時でも、将来の子供さんの大学資金などの教育費を確実に準備できるでしょうか?」
この質問に対する答えがNoならば、学資保険を検討すると良いです。
高校入学時や大学入学時にまとまったお金が必要になりますが、それを確実に準備する為の手段が学資保険です。
ご主人に万が一の事があった場合、家庭によっては経済的に困窮し以後、保険料が払えなくなるところもあるわけですが、学資保険には契約者が死亡すると以後保険料の支払いを免除する保険料免除特則がついております。
この免除特則を利用すれば、保険料支払いが出来ずとも学資保険を継続できますので、高校入学時や大学入学時の資金は確実に確保できます。

保険見直し相談保険見直し保険相談保険ブログ医療保険見直し生命保険見直し保険代理店

最近、下の歯の調子は良いですが上の歯の調子がイマイチです。
銀歯を被せているので、銀歯を外さないとなんともいえないとの事ですが、おそらく虫歯だと思います。
私は歯磨きを日本人の上位5%に入るくらい熱心にやっていると自負しておりますが、よく虫歯になります。
歯科衛生士さんがいうには、虫歯になりやすい歯というか体質?との事です。
体質というよりは環境の影響が大だと私は思ってますが。
経営者は何かとストレスが多いのですが、その影響が大だと思っております。
虫歯は環境要因が大だと思います。
与野歯科へ
熊谷市歯医者や
立石日曜日診療
新小岩歯医者ね
船橋市行田歯医者は
川口市歯医者に

PR
【2010/08/25 21:52 】 | 保険コンサルティング
| ホーム |